前髪のくせ毛を直す正しいブロー方法

2016年9月 2日

前髪は、髪質や長さには関係なく、正しいやり方でブローをすることによって、空気をふくんだような軽やかさが出て、斜めに流す時にもアレンジしやすくなります。

ここでは、前髪が逆毛やくせ毛、または、寝ぐせでなかなかうまくまとまらない人のために、正しいブローのやり方について、ブラシの向きや手順を中心に、プロのヘアスタイリストJoy La Rosaさんによるアドバイスを初心者にも分かりやすく紹介します。

やり方

前髪をブローする時は、小さめのフラットブラシがあると便利です。特に自然素材の獣毛ブラシは髪のグリップ力があり、ブローがしやすく、髪に艶が出ます。

ドライヤーは必ず、髪の流れにそって上から下向き(毛先に向けて)にかけて、最後に冷風をあてます。これによって髪型がキープしやすくなり、ツヤも出ます。

前髪を濡らす
前髪を濡らし、生え際を中心にドライヤーをかけながら90パーセントくらいまで乾かします。
前髪は、完全に乾かさないで、毛先が湿った程度が理想的です。逆毛やくせ毛の場合は、生え際付近にも湿り気を残しておく方がスタイリングしやすくなります。
左右斜めにブローする
前髪にスタイリング剤を少量つけて、くせの流れとは逆の向きから左右交互に斜めにブローしていきます。
また、前髪を右斜めに流したい人は、最初に左向きにドライヤーをかけながらブローした後、右向きに仕上げます。前髪を流したい方向の逆向きから始めるのがコツです。
セットする
最後に、毛先にヘアクリームやワックス、美容液などをつけて前髪を整えた後、目を手で覆って保護しながら上からヘアスプレーをかけると完成です。