ゴムで結ばないでできるフレンチスタイルのハーフアップのやり方

2016年9月 1日

両サイドから3回に分けて少量ずつツィストした髪を、後ろでクロスするように重ねていき、ピンで固定するだけの簡単なハーフアップのやり方を紹介します。

結婚式向けに考えられたフレンチスタイルの髪型で、一般的によく見られるハーフアップとは違い、ゴムで結ばなくても、ふわっとしたやわらかいボリューム感が作れるのが魅力です。

レースのヘアバンドを組み合わせるとさらに華やかさがプラスされます。

やり方

セットする前に髪全体をカールアイロンで巻いておくと、トップにボリュームを出しやすく、動きのある仕上がりになります。

ハーフアップを耳の高さで行うのがポイントです。

  1. トップ周辺に内側から逆毛をたてます。
  2. 前髪を少し残して、左上の髪を少量取り、ゆるく1回ツィストしながら耳の斜め上で、ピンをクロスにしてとめます。
  3. そのすぐ下から髪を少量(約2、5cm)幅取り、反対側の耳に向けてきつめにツィストして、後頭部付近で固定します。
  4. 右サイドの髪も同様にツィストしながら後ろでとめます。
  5. 左サイドの髪を少量取り、ツィストした後、ハーフアップを固定しているピンを覆い隠すように上から重ねます。
  6. カチューシャやレースのヘアバンドをつけて、その上から残りの前髪を後ろに向けてツィストしてピンでとめると完成です。