細い髪質のロングヘアの扱い方

2016年10月11日

細い髪質の場合、髪の内部にあるタンパク質が少なめで、ドライヤーや紫外線などといった外部環境の影響を受けやすいため、髪のダメージの進行が早い傾向があります。

特に、ロングヘアで髪質が細い場合は、こういった傾向が表れやすいので、専門家は、扱い方に注意を促しています。

ここでは、髪質が細いロングヘアの扱い方について、ヘアケアの注意点やおすすめの髪型などを中心に、ヘアスタイリストのJerome Lordetさんによるアドバイスを紹介します。

細い髪質におすすめのロングヘア

髪は長くなるほど、毛先まで栄養がいきわたりにくくなり、ダメージも蓄積されていくため、基本的に、細い髪質の人は、長すぎるロングヘアは適さないといわれます。

髪が傷むと、スタイリングはうまく決まりません。

そのため、細い髪質の人が、胸の位置よりも長く伸ばす場合は、できる限り4、5週間おきに、定期的に毛先をカットして、枝毛や切れ毛を防ぎ、髪をダメージから守る必要があります。

また、ロングヘアにすると、髪が平ら(ぺったんこ)になりやすいので、胸のすぐ上あたりから、長めにレイヤーを入れると、顔周りの髪にボリューム感が生まれるのでおすすめです。

ヘアケアのポイント

何もしないで長く伸ばしたままにしておくと、ダメージの進行が早くなるので、毛先を中心に、定期的にトリートメントを取り入れて、髪をケアします。

髪は、健康的な体から作られるため、食生活にも気をつかい、体の内部から健康的になることがなによりも大切です。