くせのあるショートヘアをストレートにする方法

2016年10月14日

ショートヘアは、髪にくせがあるとなかなかきれいにまとまらないので、ヘアアレンジに悩む人が多いようです。逆毛の場合は特に難しく、他の髪と生える向きが異なるので、ブラッシングしただけではきれいに寝かせることはできません。

実は、くせのあるショートヘアの毛並みをまっすぐに整えるためにはブローのやり方にちょっとしたコツがあります。

これによって、くせのあるショートヘアをストレートにできれば髪がまとまり、その後のスタイリングもやりやすくなります。

ここでは、ショートヘアの逆毛やくせ毛を、ブローによって滑らかにならして、ストレートにする方法について、プロのヘアスタイリストJoy La Rosaさんによるアドバイスを分かりやすく紹介します。

コームを使った逆毛の直し方

逆毛がある場合は、髪の流れの逆方向にコームで押さえるようにしてドライヤーをあてるのがブローのコツです。

  1. 逆毛の根本に、毛の流れに沿って下側からコームを水平にさし、手首を返すようにして、毛の流れと逆向きに髪を引っ張ってピンと張ります。
  2. コームの動きに合わせて、ドライヤーのノズルの風を、生え際から毛先に向けて直接当てます。ノズルを使うと、一か所に集中的にドライヤーの風を当てることができます。
  3. これを数回繰り返します。

髪全体のブローのやり方

  1. ドライヤーを当てながら、ブラシを使って、髪全体を一方向にブラッシングした後、方向を変えてブラッシングします。例えば、髪全体を右に流すようにブローした後は、左に流すというように、ブラッシングする向きを一方向ずつ統一しながら変えていきます。
  2. 指を使って髪を持ち上げながら、生え際の根本からドライヤーの空気を送ってボリュームを出します。
  3. 仕上げに、ストレートアイロンで整えたり、ヘアクリームを毛先のみにつけて、好みの髪型にアレンジします。