ロングヘアをカットする最適なタイミングとは

2016年10月 1日

一般的に、ロングヘアの人は、髪を切るスパンが長くなりすぎたり、より一層伸ばしたがったりする傾向が強いようです。

しかし、専門家は、次のように指摘しています。

「髪はただ伸ばせばよいというわけではなく、ある地点を超えると、それ以上長く伸ばし続けない方がよいポイントがあります」

そのため、ここでは、ロングヘアをカットするのに最適なタイミングや、髪の健康を維持するための目安となるカットのスパンについて、Prierre MichelサロンのJerome Lordet氏によるアドバイスを紹介します。

髪をカットした方がよいタイミング

まず、少量の毛束を手に取って、毛先にむけて滑らせるようにして、髪の毛の状態を確認してください。

毛先のキューティクルが乱れて滑らかさがなかったり、毛先が乾燥してもつれやすくなっていたり、枝毛が多くなっていたりすると、髪を切るタイミングです。

髪を切るといっても、長さを短くする必要はなく、毛先をきれいに整えるためのカットです。

ヘアカットのスパン

ヘアカットの目安となるスパンを考える時のポイントは髪の健康状態です。

長い髪は、髪質が不健康であると、まとまりが悪く、見た目が非常に悪くなります。

ヘアカットは、髪の健康を維持するための有効な手段のひとつであり、最低でも6週間から7週間おきにカットして毛先を整えた方がよいでしょう。

そして、普段から、トリートメントを活用して、髪をケアすることも大切です。