背中(肩から腰まで)のコリをほぐす簡単なマッサージ方法

2011年5月27日

背中(肩から腰にかけて)のコリや疲れをほぐすためのマッサージのやり方を、プロのマッサージセラピストがデモンストレーションしている動画を紹介します。

すべて簡単にできるものばかりで、マッサージをすると気持ちのよいポイントや手の動かし方が分かりやすくアドバイスされているので、家庭でも取り入れやすくおすすめです。

下準備

まず、リラックスした状態でうつ伏せになってもらい、腰までタオルをかけて、背中全体を出します。

ローションやマッサージクリームを、手に少量だけ出し、温めるように手のひらでこすり合わせてなじませます。

ウォーミングアップ

背骨を直接押さないように、背骨の両脇にそって、手の平を使って肩から腰に向けて長いストロークでゆっくりと上下させて背中を温めます。

この時、自分の体重を両手の平にのせるようにして動かすと、マッサージによる手の疲れを軽減できます。

背中や腰、肩甲骨のマッサージ方法

  1. 手の平で肩から腰までまっすぐに指圧した後、腰の付け根から、両手をそろえて外側に移動します。お尻の上側には、(骨盤と肋骨をつなぐ)腰方形筋(ようほうけいきん)と呼ばれる姿勢の維持に関わり、腰痛の要因にもなるとても重要な体幹の筋肉があります。
  2. 次に、背骨から、肩甲骨に向けて、4本の指を押し進めます。ここは、多くの人が凝っている場所なので、ゆっくりと重点的に凝りをほぐしてください。その後、肩甲骨のつけねに沿って、弧を描くように指圧します。
  3. 最後に、両手を肩甲骨の間に少しの時間あてると終了です。

肩から腰に向けて、背骨に沿ってその両脇を、小さな円を描くように動かしたり、両手の親指を交互に歩かせるように指圧したりするのもおすすめです。

身体の左右のバランスを考えて、必ず、背骨の左側と右側を同じように行いましょう。