座ってできるメディシンボールの使い方

投稿日:2011年5月27日|最終更新日: 2016年7月11日

家でできるメディシンボールの使い方がバリエーション豊富に紹介されています!座ったり寝転んだ姿勢で行うエクササイズです。

メディシンボールの使い方とエクササイズ方法

メディシンボールを両手で持ち、体の前で大きく8の字に回す。

仰向けになり、両腕を伸ばし、今度はメディシンボールを頭の上で持つ。そのまま腹筋を使って上半身を起こすと同時に、膝をのばしたまま片足ずつ上げて、つま先とメディシンボールを左右交互にタッチさせる。

次は、タッチはさせないで、上げた足の外側にメディシンボールを移動させる。

両足を伸ばして天井に向けて高く上げ、足首を直角に曲げて固定。肩を浮かせたまま腹筋で上半身を起こしてメディシンボールを足にタッチ。

膝を曲げて体操座りをし、腰をひねりながら両サイドにメディシンボールを移動させる。そのまま足を浮かせて同じ運動。

横向きになり、片腕だけをつけて、反対の手でメディシンボールを上下させる。

サイドツィストの使い方

お腹周りのぜい肉をすっきりとさせる運動。

床に座り、膝を軽く曲げる。メディシンボールを胸の前に、体の中心になるようなイメージで持つ。腹筋は力を入れたまま上半身を後ろに傾け、足を浮かせる。そのままメディシンボールを両手で持ち、左右にふっていくトレーニング。しっかりと左右に振れるように、それぞれの床にメディシンボールをタッチする。

腰の痛みを感じたり、難しいようなら、かかとをつけて行う。かかとをつけての腹筋に慣れてきたら、足を浮かせて挑戦してみる。

関連記事