皮膚専門家に聞く「市販のしわ取りクリームは効果があるの?」

2011年8月10日

市販のしわ取りクリームは、医療的な観点で判断して果たして本当に効果はあるのでしょうか?

ここでは、医学(博)士のAdam Friedman氏が、市販のしわ取りクリームの効果が保証できるのかについて検証して紹介。

しわ取りクリームの効能について

医療用に認可されていない市販のしわ取りクリームは、ボトックス注射などに比べて臨床実験が不十分であるのが現実です。そのため、肌の安全性やしわへの効果は臨床実験の結果から立証されているわけではないため、Adam氏は、保証はできないと指摘しています。

しかし、しわ取りクリームに含まれる成分を見て行くと、中には効果的な成分もあります。

コラーゲンの生成を活性化させるペンタペプチド(pentapeptide)と呼ばれる成分で、肌の若返りを促します。また、コラーゲンやビタミンAも肌の再生に必要な成分です。

その他にも、肌の表皮を丈夫にして保湿効果を高める成分に、ビタミンB3(ナイアシン)があります。

市販のしわ取りクリームはをスキンケアに取り入れる場合は、即効的な効果は期待しないで、肌の調子を整えたり、しわを予防する目的で使用するとよいでしょう。

肌の再生や活性化を促す食品

  • ブルーベリーとオレンジ、イチゴは、抗酸化物質と、コラーゲンの生成を補助するビタミンCが同時に摂取できる優れた食品。
  • パプリカやピーマンは、ビタミンCを多く含み、肌を強くしてくれます。
  • きのこ類に含まれるセレニウムはミネラルの一種で、日焼けによるダメージを軽減し、エビなどの甲殻類に含まれる亜鉛は免疫力を高め、長期間受け続けた外部環境による肌のダメージを軽減します。
  • ナッツや種系、ひまわりの種は、ビタミンEを豊富に含むため、肌を健康的に保ってくれます。
  • にんじんやかぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜は、抗酸化作用に優れ、また、紫外線によってできた活性酸素を抑制するカロテノイドが含まれます。カロテノイドは、体内では作ることができないため、食べ物から摂取するしか方法はありません。
  • 体に足りない水分は、肌から補おうとするため、一日に8杯以上の水を飲みましょう。
  • 砂糖の取りすぎは厳禁です。
  • カフェインは、肌の乾燥の原因になります。