初心者向けレジスタンスバンドの使い方

2011年9月13日

女性や初心者でも手軽にできるように考えられたレジスタンスバンドの使い方を2通り紹介します。

バーベルやダンベルを使ったトレーニングと同じ動きを、レジスタンスバンドで代用することで、腕力への負荷を軽減して、上半身を中心に効果的に引き締めることができます。

やり方

まず、足を前後に開いて、レジスタンスバンドの中心を前足で押さえて立ち、腕と足を伸ばしたまま、腹筋と背筋を引き締めながら、腕を肩より上の高さまで上げます。レジスタンスバンドを引く時に、腕の角度を変えたり、肘をまげて行うことで、肩から腕、胸にかけての筋肉を様々な角度から引き締めることができます。

次に、両足をお尻の幅に広げてレジスタンスバンドを踏んで立ち、上腕を動かさずに肘を曲げて、手を肩に引き寄せます。この運動は、主に、上腕二頭筋を鍛えることができます。

それぞれを15回ずつ3セット行います。