舌が白い?イースト菌感染症かもしれません!

2011年9月 1日

イースト菌が口内に発生することは一般的によくあることですが、口内のバクテリアバランスが崩れると、それが痛みを伴うイースト菌感染症へと発展してしまいます。

イースト菌感染症を発症すると、舌が白くなったり赤みを伴ったり、歯茎が白く変形しています。

また、イースト菌感染症は、癌を誘発することもありますが、現在では薬治療で10日から15日くらいで治ります。

予防方法

栄養の偏った食事を避け、口内のphバランスを崩すマウスウォッシュやうがい薬などは使用しないこと、そして一日に最低2回は歯を磨くこと。

そして、イースト菌は、糖分を多く含んだ環境を好むので、糖分を摂取する量にも気をつけましょう。