バーピーの正しいやり方

2013年5月28日

立つ、手をつく、ジャンプなど基本となる5つの動きを止めないで繰り返すバーピーは、短時間で効果的に体全体の脂肪を燃焼し、カロリー消費ができる優れた運動です。ここでは、バーピーの基本的なやり方と応用の仕方を動画で紹介。

バーピーは、呼吸を止めないで、5つの動きをリズミカルに流れるように行うのがポイントです。スピードを上げれば効果も高くなりますが、フォーメーションが崩れないように注意してください。

やり方

  1. 足を肩幅に開き、まっすぐに立つ
  2. 膝を曲げて両手を床につける
  3. ジャンプしながら両足を後方に伸ばす
  4. 両足を引き寄せて膝を曲げる
  5. まっすぐに立つ

初心者は30秒1セット。慣れてくると1分間の休憩を挟んでセット数を増やしていく。

応用編

  • 動きを速くする
  • 手をつく時に腕立て伏せを組み入れる
  • 立ち上がる時に両手を上げてジャンプする

もも上げ

両腕を前方に上げて、両ももを同時に胸に引き寄せるようにその場でジャンプ。つま先ではなく足の裏全体でジャンプし、かかとではなく足の母指球で着地をします。