新しいランニングシューズを早く履き慣らす方法

2013年9月10日

一般的に、長距離を走るレースに出場する場合は、まだ履き慣れないシューズでは走らない方がよいといわれます。

しかし、週末にレースに参加する予定があったり、大会まであまり日数が無い状態で、新しいランニングシューズを履かなければならないこともあります。

ここでは、新しいランニングシューズによる摩擦で靴擦れや水膨れができないために、少しでも早く履きならして自分の足にフィットさせる方法を紹介します。

やり方

新しいランニングシューズを足になじませるには、履いて近所などを歩き回るのが一番です。

長距離を走る前に、3、4kmくらいの軽いジョギングをするのも、靴の素材を柔らかくして、足にフィットしやすくする工程を早めるのに有効です。

その時は、ゴアテックス素材の靴下など、吸湿速乾性が高い靴下を選びます。綿素材の靴下は、汗をかいても乾きにくく、湿気で蒸れやすいため、靴擦れの原因になります。