便秘に効果的な食べ物や飲み物

2013年10月 2日

食事は、腸の働きと直結するといわれるほど、便秘の悪化や解消に大きな影響を及ぼします。

ここでは、便秘の症状を解消し、通じをよくする食べ物や飲み物、また、逆に引き起こしやすい食べ物や飲み物について紹介します。

腸の働きを整える食べ物

慢性的な便秘に最も効果的だといわれるのが、食物繊維の豊富な食べ物です。食物繊維は、胃腸で消化されず、水を含んで膨張し、消化器官でスポンジのような役割をして有害物質や老廃物を排出しやすくしてくれます。

食物繊維によって便秘薬と同じような整腸作用をもたらす食べ物には、小麦胚芽、ブルーベリー、りんご、バナナ、豆類、キャベツ、オート麦、小麦のふすま(小麦の製粉課程で出される皮など)、にんじん、じゃがいも、ブロッコリー、ルバーブ(ショクヨウダイオウ)、マメ類、ナッツ類などがあります。

特にプルーンは有効だとされ、勧める医師が多くいます。また、キャベツは生のままで毎日食べると高い効果が期待できます。

果物のソルビトール

果物には、通じを良くするソルビトール/sorbitolと呼ばれる糖分があり、スモモや桃、アプリコット、ぶどう、いちご、りんごなどに多く含まれています。

ドライフルーツは、乾燥させる過程でこのソルビトールが凝縮されるので、新鮮な果物よりも効率的に摂取できます。特にプルーンやデーツ、アプリコットなどのドライフルーツはおすすめです。

飲み物

便秘の解消に忘れてはならないのが水分補給で、子どもの便秘の原因の多くは、水分不足だといわれています。

効果的な飲み方

  • アマ二油小さじ1杯を水1カップと一緒に、一日に2、3回飲むと便秘の予防になります。また、便秘時は、果実入りの100パーセントオレンジジュースコップ1杯にアマ二油を大さじ1杯入れて飲みます。消化吸収されて、効果が表れるまでは、最大で約5時間は必要なので、焦って飲み過ぎないように注意してください。
  • オリーブオイルを大さじ1杯(レモン汁 小さじ1杯を足してもよい)、朝食前の空腹時に飲みます。
  • レモン1個分の果汁を絞り、温かい湯1カップに入れて混ぜたものを全て飲みます。レモンのクエン酸が消化器官を刺激し、毒素を排出する手助けをしてくれます。
  • コーヒーを1日に1、2杯以内にとどめて飲みます。カフェインは、自然な消化器官の刺激薬ですが、摂取しすぎると逆効果になります。
  • アロエジュース
  • プルーンジュース
  • ニンジンジュースは、便をやわらかくする効果があります。

センナ茶は、通じをよくするために飲まれることがありますが、ニンジンジュースのように直接便が柔らかくなるわけではないため、一時的な改善は見られても、長い目で見た時の効果はあまり期待できないので注意してください。

こちらもどうぞ:
減肥茶で本当に体重は落ちるのか?

ハーブ

便秘の解消や再発の予防に効果があるハーブは、ゴボウ、ジャーマンカモミール、セイヨウタンポポの根、シナモン、ペパーミント、ラベンダー、にんにく、レモンバーム、生姜などです。

紀元前のギリシャの医師で、医学の父と呼ばれる有名なヒポクラテスも、にんにくを毎日食べることで予防できると信じていたようです。

便秘を引き起こしやすい食べ物

熟れたバナナは、食物繊維が豊富で便秘の解消に効果があるといわれますが、食べすぎたり、熟す前に食べると、かえってなりやすい傾向があります。

また、でんぷん質の多い食パンやパスタ、白米、チーズ、赤身肉、スナック、クッキー、揚げ物、砂糖、キャンディー、固ゆで卵などは、便秘の要因になりやすいといわれます。