手首の痛みをやわらげるヨガストレッチ

2013年12月24日

手首が痛い人のために考えられたヨガを動画で4通り紹介。手首の筋に的を絞ったストレッチはなかなか無いので、手首の凝りの改善や怪我の予防に役立ててください。

呼吸をしっかりとし、リラックスしながら手首の柔軟をしましょう。

<やり方>

・ まず、手の平をしっかりと開いて床につけ、四つんばいになる。怪我を予防し、正しい姿勢を作るためにも手の付き方は重要です。

片方の手首を返して指が膝を指す向きに変える。そのまま体全体をゆっくりと円を描くように動かす。反対回りをした後、手を変えて繰り返す。

・ 次は手首の外側の筋を伸ばすストレッチです。

四つんばいのまま両手で握りこぶしを作り、手の甲を床につける。

腕をゆっくりと曲げてしっかりと伸ばす動きを繰り返す。

・ 手のひらを開いて指先から付け根までを床につけ、手の平のみを上げ下げする。角度を変えて外側や内側に向けて繰り返す。

終わったら、上半身のみを起こして、両目を閉じて手は太ももで手の平を上に向けて置き、数回呼吸。

立位姿勢になり、手の指を両足でふみ、膝を伸ばす。呼吸をしながら上半身をゆっくりと左右にふる。手のひらを床に向けてつけ、両足でかわるがわる踏みながら手首の筋を伸ばす。