気付けば朝の4時!徹夜と2時間の睡眠はどちらが悪い?

2014年9月 5日

受験勉強や学校の試験、仕事で徹夜や朝方まで夜ふかしをしてしまうことは多々あります。もし、少ししか寝ることができないなら、体の回復も十分ではないし、起きた時に逆に体がだるくなってしまうような気もします。

ここでは、朝方まで起きていた場合に、そのまま徹夜をした方がよいのか、それとも少しでも睡眠をとった方がよいのかを紹介します。

徹夜のデメリット

徹夜や夜ふかしをすると、脳や体の機能の生産性が落ちます。

なかには、夜ふかしをするとそれだけカロリーが消費されるから痩せると思う人もいるようですが、睡眠不足によって体の基礎代謝が下がり、逆に太りやすい体になります。

大切なのは、決して徹夜を習慣化しないことです。一睡もできないでいると判断力が鈍るため、交通事故の原因になったり、仕事や勉強に悪影響を及ぼす恐れがあります。

もし徹夜をしたら

もし、仕事や勉強に没頭して、気付いたら朝の4時になっていた場合は、2時間でも睡眠をとる必要があります。

たった2時間の睡眠ですが、記憶力の定着や考える力を回復する一助となってくれます。

それだけ睡眠は、人間が脳や体を休ませ、生命を維持するためには、なくてはならない必要不可欠な存在です。