お風呂に1時間つかることは30分間のウォーキング以上のカロリーを消費

2016年9月 7日

お風呂は、一日の疲れをいやしてくれるだけでなく、カロリーの消費量を高めて、血糖値の上昇を抑制する効果があります。

実際に、温かい湯に1時間つかることで、約126カロリーを消費できます。これは、25分間から30分間ウォーキングをするのと同等、またはそれ以上の値です。

ここでは、やせる効果を高めるお風呂の入り方について、イギリスの研究をもとに紹介します。

やせる効果を高めるお風呂の入り方

イギリスのレスター大学のドクター・スティーブ・フォルカー(Dr.Steve Faulker)が率いる研究室では、2型糖尿病を管理するために、以下の実験を行いました。

運動をしていない成人男性に、「40度のお風呂につかる」、「自転車をこぐ」、「激しい運動をする」を同じ時間行ってもらい、その後24時間にわたっての血中のグルコースレベルの変化を調べました。

40度のお風呂に1時間つかった結果

  • カロリーの消費率を80パーセント高める
  • 自転車をこぐよりも血糖値を下げる効果を高める
  • 食後のグルコースレベルの最高値を10パーセント下げる
  • インスリンの働きをよくしてグルコースレベルを抑える熱ショックタンパク質の働きを促進する

まとめ

お風呂に1時間つかることは、カロリーの消費量を高めて、食後の血糖値の上昇を抑制する効果があるため、糖尿病の予防やダイエットに有効な手段といえます。

しかし、健康的にダイエットをするには、適度な運動によって筋力や基礎代謝を高める必要があることは忘れないでください。