コーヒーにはお酒の酔いをさます効果があるのか?

2016年9月23日

ついついお酒を飲み過ぎてしまった時に、酔いを冷まそうとコーヒーを飲む人がいるようですが、実は、酔いを冷ます効果はほとんどないので注意が必要です。

ここでは、飲酒後に酔いを冷ますためにコーヒーを飲む効果と注意点について、Paul J.Rinaldi博士によるアドバイスを紹介します。

飲酒後に酔いを冷ますためにコーヒーを飲む効果と注意点

コーヒーに含まれるカフェインは、飲酒後の意識を多少はっきりとさせるのには役立ちますが。

しかし、アルコールと同様に利尿作用によって、体内の水分量をより減少させてしまい、脱水症状を引き起こす危険性があります。

一般的に、飲酒後に、体が脱水状態に陥ることで、頭痛やだるさ、吐き気などの二日酔いの症状が引き起こされるといわれます。

飲酒による酔いをさますには、アルコールを体外に排出するための十分な水分補給と時間がカギになります。

また、ぐっすりと眠って体調を回復させることも大切です。

コーヒーを飲むことによって、アルコールとカフェインの相乗効果によって、睡眠が妨げられてしまう恐れがあるので、特に飲酒後夜遅くに飲むのはさけた方がよいといえます。