空腹でお酒を飲むのは体に悪い?

2016年9月21日

空腹でお酒を飲むといけないとよく言われますが、実際にそれがどのように体に影響を与えるのか、酔い方や食事との関係を中心に具体的に紹介します。

空腹でお酒を飲むといけない理由

食事をする前(空腹)にお酒を飲むと、胃の中にはアルコールしかないので即吸収されて、血流に入る速度が急激に上がり、酔いが速く回ります。

しかし、もしおなかがいっぱいの状態で飲んだ場合、胃の中にある食べ物がアルコールをうすめてくれるため、胃への吸収が穏やかになります。

特に脂肪分の多い食品なら、消化の始まりが遅く、ゆっくりとなる傾向があり、アルコールの吸収がより一層ゆるやかになります。

また、胃の中になにも無い状態で飲んだ場合、空腹感が鈍り、食事の量が減ってしまい、かえって飲む量が増えて酔いやすくもなります。

以上のことから、空腹でお酒を飲むと、体がアルコールの影響を受けやすくなり、また、酔いも速く回る傾向になります。