病気の時や食欲がない時におすすめの食事

2016年10月21日

病気の時は食が進みにくいもので、仮に食べられるようになったとしても、胃腸が弱っていることが多いので、どのようなものを食べたらよいのか迷う人のために、病気の時や食欲がない時におすすめの5つの食品を紹介します。

消化に負担がかからないもので、胃と腸を休ませながら、効率的に栄養や水分を摂取できる食品です。

おすすめの食事

オレンジジュース
食欲がなく、病気によって消化機能が落ちた時にはオレンジジュースがおすすめです。繊維質が取り除かれているので短時間で消化でき、効率的にビタミンやカリウムを摂取できます。必ず添加物の入っていない100パーセントジュースを選んでください。
バナナ
バナナは、下痢の時の食事療法「BRAT食」の一つです。
吐き気がある時や嘔吐、下痢であまり食べることができない時には、BRATをキーワードに食事を考えてみてください。Bはバナナ、RはごはんのRICE、Aはりんご、Tはトーストです。
ハチミツ
のどが痛い時ははちみつがおすすめです。スプーン一杯のはちみつは、バクテリアを殺菌し、のどの炎症を楽にしてくれます。
スープ
病気の種類を問わず、昔から体調が悪い時の食事に取り入れられていたのがスープです。温かいスープはリラックスできる上、痰による気管の詰まりを改善し、必要な栄養も摂取できます。
スープにニンニクと玉ねぎを入れると、抗菌効果が高まります。
生姜
生姜は、昔から胃の調子が悪い時に取り入れられてきました。
湯の中にスライスした生姜とレモン、はちみつを入れた生姜汁(ジンジャーティー)なら手軽に飲むことができます。