ポップコーンの健康効果

2016年10月27日

ポップコーンは、映画館や遊園地でお菓子として食べるイメージが強いのですが、実は、老化や癌などの病気を予防するスーパーフード並みの抗酸化物質を含む健康的な食品で、子供でもスナック感覚で摂取できる魅力があります。

ここでは、ポップコーンの栄養や健康効果について紹介します。

栄養と健康効果

ポップコーンは、玄米や全粒粉パンなどと同じように、加工処理の過程で、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な果皮や表層部位を除去していない全粒の穀物です。

もちろん全てのポップコーンが健康的というわけではありません。

厳密にいうと、ポップコーンの中心の少し硬い部分に特に栄養があり、とうもろこしの抗酸化物質を効率的に摂取するなら昔ながらのシンプルな料理法で作られたものが一番であり、塩やバター、キャラメルソースなど体に悪影響を与えるものがたっぷりかかったものは、かえって余分な糖分や塩分によって体に負担をかけてしまうのでよくありません。

そのため、体の健康を考えて食べるなら、できるだけシンプルなものを選びましょう。

また、市販品は添加物が多く含まれていたり、脂質が多く、カロリー過多になりやすいため、材料や成分表示を確認してから選ぶことがとても大切です。