ランニング前のウォーミングアップに最適なダイナミックストレッチのやり方

2016年10月28日

ランニングをする時は、はじめから全力で走り出すのではなく、走るために少しずつ身体の準備を整えていかなければなりません。

効果的に身体の準備を整えるには、血流を促進し、筋肉を温める必要があるので、筋肉の動きを長い時間停止させる「スタティックストレッチ(ひとつの動作でじっと動きを止めて行うストレッチ)」では逆効果になり適しません。

ここでは、ランニング前のウォーミングアップに最適なハムストリングスとふくらはぎのダイナミックストレッチのやり方を紹介します。

ダイナミックストレッチとは、筋肉をゆっくりと動かしながら伸ばす方法です。

やり方

  1. 右膝を軽く曲げて、左足のつま先を上げて前に出し、かかとを地面につけます。
  2. そのまま動きをとめないように注意して、上半身をゆっくりと前に傾けて、ふくらはぎから太ももの裏にかけての筋肉を伸ばします。
  3. ゆっくりと上半身を起こします。
  4. この傾斜を数回繰り返したら、反対の足も同様に行います。

ダイナミックストレッチによって脳を刺激し、身体の筋肉を温めることで、ランニングトレーニングがより効率的に行えます。

ランニング前に歩いたり、軽く走って少しずつ心拍数をあげていくのもウォーミングアップに適しています。

こちらもどうぞ:
理学療法士による「ストレッチに最適なタイミング」とは?