メディシンボールを使ったサイドツィストのやり方

2016年11月15日

腰をひねりながらメディシンボールを左右交互に振る腹筋「サイドツィスト」のやり方を紹介します。

足を浮かせて座るだけでも、腹筋のインナーマッスルの強化に効きますが、ここでは、それにひねりの動きを加えることで、横腹を中心に、おなか周りを全体的にすっきりと効果的に引き締めることができます。

やり方

  1. 膝を軽く曲げて床に座り、メディシンボールを胸の前で持ちます。
  2. 足を浮かせて、仙骨(腰のすぐ下にある骨盤の中心的な役割を果たす骨)で体全体を支えるようにします。これをボートポーズといいます。
  3. 腹筋と背筋に力を入れてバランスを取りながら、メディシンボールを左右に振って、床にタッチしていきます。

腰や背中に痛みを感じたり、体勢の維持が難しいようなら、かかとをつけて行います。

こちらもどうぞ:
メディシンボールの使い方5通り