調理時間が短縮できるキャンプレシピ

2010年6月17日

キャンプの醍醐味といえば、やはり青空の下で食べるご飯です。

しかし、火を熾したり、野菜を切ったりと、作るまでに時間がかかることもあり、準備が大変でなかなか一歩を踏み出せない人も多いようです。

ここでは、キャンプに持っていくと重宝する材料や調理時間が短縮できる簡単なレシピを5つ紹介します。

どれもアウトドアの先進国「アメリカ」ならではのキャンプご飯を楽しむアイデアで、下ごしらえの手間や道具が最小限なので、浮いた時間を有意義に使うことができます。

用意する道具

  • 厚めのアルミホイル
  • 鍋つかみや軍手
  • トング(無いなら、2本の枝で代用)
  • バーベキューコンロが無い時は、石の上に網をセットすると即席で作れます。
  • 塩コショウやスパイス

材料

  • 小麦粉、ベイキングパウダー、好みのドライフルーツやナッツ類
  • ホットドック、ビスケットミックス
  • ベーコンと卵は、タッパーに割って持っていきます。
  • パン、チーズ

キャンプ用レシピ

鶏肉やパプリカ、玉ねぎやズッキーニなどの野菜は、マリネ液につけて下味をつけたものを持参すると、そのまま袋から出し、串刺しにするだけで楽においしいバーベキューができます。

調理時間を短縮するために、ジャガイモは電子レンジで3分間温めた後、常温で冷まし、出発するまで冷蔵庫で保管しておきましょう。

バノック

小麦粉1カップ、ベーキングパウダー小さじ1杯、塩小さじ1/4杯を混ぜる。これに少しずつ水を足してパン生地を作る。丸めて棒状に伸ばし、チーズやドライフルーツを入れて、木の枝に巻いてキャンプファイヤーの火で焼きます。

ホットドック

市販のビスケットミックスを水で溶き、ソーセージに巻き付けて木の枝で15分程焼きます。

野菜や肉のホイル蒸し

パプリカやジャガイモ、好みの野菜と肉を包んでそのまま火の中に入れておくだけで、簡単に1品できます。ジャガイモを細長く切ったものだけでも、サイドディッシュになります。

チーズサンドイッチトースト

パンにチーズやハムを挟んでトングや2本の枝に挟んで火であぶってトーストします。

ステーキ

大きめの岩をたき火で十分熱した後、その上で肉を焼きます。