車の乗り降りがエレガントに見える方法

2010年11月25日

デートや仕事で車に乗る際、無意識に足を広げて片足ずつ乗り降りする人が多く見られますが、それではいくらきれいな服で着飾っても魅力は半減してしまいます。

特にスカートの場合は、決して膝を離さないように注意してください。

ここでは、車の乗り降りにおける一連の動作について、足の動かし方や姿勢など、エレガントに見える重要なポイントを紹介します。

ちょっとした心がけで、見違えるほど上品に見えます。

車の乗り降りのポイント

できる限り足首からつま先まで揃えると、体のラインが美しく見え、脚長の効果があります。

また、猫背にならないように姿勢を正すには、腹筋に力を入れるのがポイントです。

そして、焦らないでゆっくりとすらすように足を動かすとエレガントに見えます。

それでは、車の乗り降りにおける一連の動作について紹介します。

車の乗り方

腰から座る
車のドアを開けたら、座席に背を向けるように立ち、膝を軽く曲げて、(足からではなく)腰からシートに浅く座ります。
膝を揃えて乗る
両膝をつけたまま、両足を揃えた状態で浮かせ、正面に向きを変えた後、シートに深く座り直します。

降り方

体をドアに寄せる
車から降りる時は、可能な限り、ドア側に体を寄せておくと降りやすくなります。
足から着地
膝をつけたまま、ドアに向けてウェストから軽くひねり、重心を移動させるように両足から揃えて地面に着地させます。
もしパシュミナや大判スカーフがあるなら、足が外の地面に着地するまで、太ももから膝にかけてを覆います。
誰かが手を引いて車の乗り降りをサポートしてくれると、両膝をつけたままでもバランスを崩しにくくなります。
まっすぐ立つ
腰を上げ、滑らかにすっと立ち上がり、身なりを軽く整え、姿勢よく立ちます。
自分でドアを閉める場合は、「バタン」と音が出ないように静かに行います。