ハイヒールでの美しい歩き方をトップモデルが伝授!

投稿日:2010年11月14日|最終更新日: 2016年6月27日

ハイヒールを履いて美しく歩くためのポイントや正しい姿勢、効果的な練習方法を自身もスーパーモデルであるアナスタシア/Anastassia Khozzisovaさんが動画で分かりやすく紹介。

ハイヒールで歩くと無意識のうちに、猫背になったり、あごが出たり、膝が曲がりやすくなります。

ハイヒールで歩く時のポイント

歩き方
まず、体重をのせるようにヒールを先につけ、続いてつま先をつけます。
姿勢
首は力を抜いてリラックスし、あごが前に突き出ないように頭を引きあげます。自信がない時は、まず大きく息を吸い込み、胸を張るように意識すると自然と歩く時の姿勢がよくなります。
最初に、前後に肩を回しながら歩くと、肩の力が抜け、腕を自然にふることができます。ちなみにこの肩の動きは、スーパーモデルが写真撮影をする時のポージングによく取り入れられます
階段の上がり方
ハイヒールのかかとを階段につけないように上がる。

ハイヒールで美しく歩くための練習方法

ドレスアップして、ハイヒールを履いて歩くと、意識が高まるのでおすすめです。最初は、つま先だけで歩く練習を繰り返してください。

S字に歩く
両手を前でそろえて、Sの字を描くように(ヘビの動きをしながら)進みます。チョークで床にS字のラインを描いて、それに沿って進みます。
直線を歩く
道路にひかれたまっすぐの線を利用して、ハイヒールで歩く練習をするのもよいでしょう。コンクリート、石、芝生、ボードウォーク、土の上など、場所を変えて何度も練習をしましょう。
バランス感覚を養う練習
肩を下げて、かかとを上げて歩く。

スーパーモデルのウォーキングレッスン

スーパーモデルのような歩き方をするために必要な、まっすぐで完璧な姿勢、足で地面を蹴るリズムやタイミング、立ち居振る舞い方を中心にアドバイス。

下記のポイントを意識しながら、リラックスして自然に歩きます。

姿勢
猫背にならないように、肩を後ろに下げます。最初は手を後ろで組んで、お尻を軽く前に出すように意識して歩く練習から始めましょう。
頭上から糸で引っ張られるような感じで、頭は決して左右にぶれないように固定します。
バランス
おなかを引き締めたまま、体が上下にバウンドしないように、膝の位置を固定する。重心は少し前気味にする。
足を一直線上に運ぼうとすると、がに股になりやすいため、つま先に意識を集中してまっすぐ前に足を運びます。
腕のふり方と手の動き
腕は体側に近い位置を保ち、手の動きを最小限にします。全く動かさないのでは逆に不自然なので、推進力で自然に動かすイメージで行います。肩を後方に引いたまま腕を下げると、自然に振られるようです。
かばんを持ったり、ブレスレットをつけるといったデザイナーの要望があった場合も、基本的な腕の振りは最小限にします。

より自然なスーパーモデルのようなキャットウォークが出来るようになるには、何回も練習を重ねる必要があります。

関連記事