パレオのワンピース風巻き方

2011年6月25日

パレオは、もともと、マレーシアの女性が腰に巻く大判の布でしたが、現在は生地やデザインが豊富になり、世界中で夏のファッションアイテムとして取り入れられています。

ビーチでお店に入る時や散歩時、また、紫外線が強い時に、水着の上からさっと羽織ったり、体に巻き付けて、簡単に素肌を覆うことができるので、一枚あると重宝します。

ここでは、パレオを胸の高い位置からワンピース風に巻く方法や、腰からスカート風に巻く方法を分かりやすくアドバイスした動画を紹介します。

ワンピース風巻き方

巻き方

  1. 大きめのパレオを背後に回し、脇のすぐ下の高さで、地面と水平になるように、端を両手で持ちます。
  2. そのまま体にパレオを巻き付けるように両端を前に回しこみ、チューブトップのワンピースのように胸の前で一度きつめに結びます。
  3. 結び目から出た2つの端の内、1つだけを持ち、結び目の下から上に回して手前に出し、端を広げて整えます。
  4. もう一方の端を、パレオの内側から脇の下に回して、入れ込んで隠します。

スカート風巻き方

スカート風の巻き方は、イギリスのサッカー選手、デビット・ベッカム/David Beckhamが海でパパラッチされた写真から流行したようです。

巻き方

まず、パレオを腰の位置で持ち、片側を体の前に回しこむんで、端をセパレートタイプの水着のアンダーに入れ込みます。

しっかりと固定できない時は安全ピンを使用します。

反対側も前に回しこみ、先ほどと同様に水着のウェストバンドに入れ込と完成です。