手から煙を出す手品のトリック

2012年4月 4日

昔駄菓子屋さんで売られていたカードに、指先につけてこすり合わせると煙がでるものがありました。これは、化学反応を利用したものですが、実は簡単に作る方法があります。

ここでは、身近にあるマッチ箱を使って、魔法のように手から煙を出す手品のやり方を紹介します。

火がなくても煙がモヤっと出てくる不思議な手品で、もちろん手は熱くなりません。

やり方

マッチ箱の側薬の燃えカスの粉を用います。

  1. マッチの箱の側薬(火をつけるために棒をこする部分)をハサミで切り取り、薬のついた紙をはいで、内側になるように二つ折りにします。
  2. 冷やした陶器の皿の上で、折った側薬を燃やします。
  3. 燃えかすの粉を取り、指でこすり合わせると煙が出ます。