熱も道具も使わない簡単カールのやり方

2012年10月26日

髪を数束に分けてツィストした後、折り返して輪を作り、毛先をくるくる巻きつけて寝るだけで、翌朝にはできているカールのやり方です。熱を使わず、ピンやカーラーなどの道具も一切必要なく、カールのかかり具合やボリュームも自由に調節できる驚きのテクニックです。

髪の束の大きさでカールのかかり具合が決まり、一つひとつの束の量が少なすぎると、カールが強めにかかって爆発的なボリュームが出るので注意してください。

髪を少し湿らせた状態ではじめます。乾いている場合は、霧吹きで水を吹きかけます。

やり方

まず、カールする髪を毛先までツィストさせ、生え際から6、7cm離れた位置に、上から二本指を置いて、髪を折り返して輪を作り、それを軸にツィストした毛先を巻き付けていきます。

毛先から4、5cmのところまで巻いたら、毛先を輪に通して(通しきらないで少し毛先を残しておく)、先ほど巻いた髪の束を下に向けて下げると固定できます。

このまま一晩寝て、朝になってほどくとカールのできあがりです。

全て通さないで少し残しておいた毛先を軽く引っ張るだけでほどける仕組みになっています。