黒のワンピースに映えるスカーフの巻き方

2012年12月25日

黒は、着用シーンを選ばず合わせやすいため、とても人気が高い色。ワンピースなら1着持っているとフォーマルにもカジュアルにも着回しがきくので重宝します。

しかし、黒のワンピースは、いつも同じような着こなし方に偏りがちで、どうしても物足りなさを感じてしまうことがあります。

そんなときにぜひ取り入れたいのがスカーフです。

ここでは、スカーフを使って黒のワンピースをドレスアップしたり、ワンポイントのアクセントに取り入れたり、防寒対策として効果の高い使い方を紹介します。特に、カーディガンに変身させるテクニックは、必見です。

コーディネイト方法

ベルトとスカーフを組み合わせてドレスアップする
黒のワンピースの上からロングスカーフを羽織り、黒のリボンベルトで固定します。ドレスの一部に見せるテクニックです。
ベルト風に腰に巻く
きれいな柄のスカーフを選んで細く折り、おなかの前で結んで結び目を後ろに回します。幅は、細目に折るとシックな印象になり、太目にすると、柄が映えて華やかになります。
カーディガン風に羽織る
輪になった大版スカーフを二重にして、肩から羽織ります。これで、上側の一枚を腰の長さまで広げると、カーディガン風になります。
首元に巻く
背後から首にかけて、前方で軽く結ぶだけで、アクセントになります。
タートルネックのデザインとあわせる時は、スカーフを襟もとの中に入れ込むとネクタイ風になります。寒い冬には特におすすめです。