スカーフを頭におしゃれに巻く方法

2013年1月 7日

ポニーテール合わせて、スカーフをヘアアクセサリーのように頭に巻く方法を5通り動画で紹介します。

スカーフで頭全体を覆うグレースケリー風の巻き方や、ポニーテールの結び目に巻き付けたり、ヘアバンドのように部分使いする方法など、折り方や結び方を変えるだけで、様々なコーディネイトを楽しめます。

巻き方

クラウンラップ
頭全体を覆うように、ロングスカーフを上からかけ、片方だけ長めにとって後ろで交差します。
長い方を端までひねってヘアバンドのように前から通し、反対側の端と片側の耳のすぐ後ろで結びます。
結び目をヘアアクセサリー感覚で大きめにして存在感を出すのがポイントです。結び目にブローチを重ね使いすることもできます。
頭への巻き方は同じでも、素材をシルク地からシフォン地に変えるだけで雰囲気が全く異なります。
グレースケリー風
グレースケリーがよくファッションに取り入れた頭全体を覆う巻き方で、クラシック映画にも登場します。一見すると簡単な巻き方に見えますが、バランスやルーズ加減によって雰囲気が変わります。
まず、正方形の大きめなスカーフを対角線で折って三角にした後、長い辺を額の上にあてて頭にかぶせた後、あごの下で一度クロスさせ、後ろに回して後頭部の下で結びます。
ヘッドバンド
ロングスカーフを縦に細く折り、上からかけて、ヘアバンドのように後ろに回し、ポニーテールの下で結びます。ファッションに合わせて、折り幅の太さを変えて調節してください。
ジプシーラップ
大き目のスカーフを対角線で三角に折り、額の上からかぶせて、後頭部の下で結ぶだけでできるボヘミアンな雰囲気の巻き方です。
ポニーテールラップ
細長く折ったスカーフをポニーテールの結び目の下からあてて、結び目に一度巻き付けた後、上で結ぶ。