スカーフを腰まわりのアクセサリーに使うテクニック

2013年1月31日

大判スカーフは、フォーマルなスタイルに取り入れやすく、日よけにもなるため、一枚あると便利なアイテムです。

ここでは、滑らかなシルク地の大判スカーフをベルトや腰まわりのアクセサリー風に使用する簡単なテクニックを紹介します。

どちらとも、ジーンズなどのカジュアルウェアだけではなく、フォーマルなパンツルックにも合わせやすいスタイルで、いつものファッションにちょっとした変化を加えたいときに重宝するテクニックです。

腰まわりへの巻き方

ベルト通しを使うテクニック
大判スカーフを細めに折って、ズボンやスカートのベルト通しに入れて一周した後、斜め前で結びます。結び目がアクセントになります。
三角に折って腰に巻くスタイル
正方形のスカーフを対角線で半分に折った後、体の左側に直角の角がくるようにズボンにあてて、腰部分に巻きつけて右上で結びます。