ノートパソコンが水に濡れた時の対処方法

「ノートパソコンの操作中に、お茶や水をこぼしてしまった」

パソコンの水没ほど悔やんでも悔やみきれないことはありません。しかし、適切に対処すれば、復旧できることもあります。

近年では、親が気を付けていても、子供がパソコンでゲームをしたり、動画を見たりすることもあるので、パソコンの水没は身近な事故になってきました。

特にノートパソコンの場合は、キーボードだけを交換といった簡単な問題では済まされないことも多く、パソコン自体が起動しなくなったり、データが全て失われる可能性さえあります。

ここでは、そんな最悪な事態を防ぐために、ノートパソコンに水がかかった時の対処法について、水分を取り除いて乾燥をさせるための的確な応急処置方法や、乾燥させた後の起動時の注意点を中心に分かりやすく紹介します。

注意事項

  • ジュースやコーヒー、お酒やソースなど水以外の液体がこぼれた場合は、おそらく専門家に見せた方がよいでしょう。
  • ノートパソコンが水に濡れてしまったことが分かったらすぐに電源を切り、バッテリーや電気系統(USBメモリやマウス、ケーブル類なども全て)を外してから応急処置を始めてください。電気系統がショートするのを防ぐためです。
  • ドライヤーや電子レンジなどの熱をあてて乾かそうとすると、ノートパソコンの表面が変形する可能性があるのでやらないでください。

対処法

乾かす
浸水対策のされていないノートパソコンの場合は、傾けて中に入り込んだ水をできる限り外に出します。そして、布やキッチンペーパー、糸くずの出ない布を用いてそれぞれのパーツの水分を取り除きます。
机の上に敷いた新聞紙やバスタオルの上に、開いたノートパソコンを逆さまに置き、最低でも2、3日、できれば1、2週間は様子を見ながら、中に入り込んだ水分を完全に取り除きます。
電源を確認
数日後に電源を入れて試し、もし起動したら1時間そのままにしてから電源を切ります。この時、必ずケーブルやコードに水分が全く残っていないことを確認してください。仮に水分が残っていると、火花が散って焼ける危険性があります。
もしバッテリーで起動することが確認できたら、恐らく問題はないでしょう。必要なものを再インストールしたり、バックアップを取って様子を見てください。
バッテリーでは起動しないのにコンセントなら起動する場合や他に何か問題があるならば、修理に出しましょう。

まとめ

上記のように、ノートパソコンが水没してしまった場合、多くの手間や時間がかかることは否定できません。

修理に出しても、新しく購入するのと変わらないほどの費用であったり、見積もりだけでも費用かかったりすることもよくあります。

一番恐いのは、大切なデータが失われ、パソコン自体が使えなくなってしまうことです。

このような悔やんでも悔やみきれない事態を防ぐためには、パソコンのそばには飲み物を置かない、飲み物のフタを必ず閉めるといったことを普段から心がけることが大切です。

どうしても飲み物が必要な場合は、市販のパソコン用の防水シートの利用や、パソコンの水没が対象に入った保険などを利用する方法もあります。