自分で出来るショートボブの簡単ブロー

2013年8月13日

短めのレイヤーが多めに入ったショートボブのくせやはねを直し、自分でまとまりのあるきれいなストレートにするブロー方法です。ラップテクニックと呼ばれ、ワンレンボブにも応用できます。

特にレイヤーの入ったショートボブは、無造作なものからフォーマルなものまで幅広い髪型をブローテクニックだけで作ることができます。

やり方

まず、熱から髪を保護するムースを全体に馴染ませる。

左側からドライヤーの熱を当て、髪全体を左から右に向けてフラットブラシで斜めにブラッシングした後、右から左に向きを変えて同様にします。

一方向から逆方向という共通の動きで全体的にブローをするのがポイントで、これにより、ツヤがあって滑らかな質感になります。

温風(HOT)で形を整えた後、冷風(COOL)をあてると、髪のキューティクルが引き締まってツヤが出ます。