ヘビから身を守る方法

投稿日:2015年7月30日|最終更新日: 2016年6月27日

キャンプやハイキングでヘビから身を守る方法を紹介します。ヘビの習性を理解することで、ヘビに噛まれるの防ぐアウトドアに役立つ知識です。

野山で遊ぶことが大好きな子供達にも教えておくと安心ですね。

ヘビは地面にいるだけではありません。低い枝にいることもあることを頭に入れておきましょう。

  • 草むらや山道を歩く時は、ヘビとの遭遇を避けるために、足音を大きくたてるように心がけます。また、長靴やブーツ、長いズボンを履いて、万が一、ヘビに噛まれたときに備え足を保護しましょう。
  • 茂みや背丈の高い草むらは、ヘビが潜んでいる可能性が高いため入らない。もし、どうしても通らなければならない時は、スティックで前方を探りながら歩きましょう。
  • 草の茂み、岩や枝がごろごろする所には、ヘビが潜んでいる可能性があるのでテントを張らない。また、テントの入り口は、絶えずジッパーをしっかりと閉めておくことでヘビの侵入を防げます。
  • 木や岩の隙間など、暗い穴には手を入れない。
  • 例えヘビが死んでいても興味本位で触らない。

最後に、もしヘビに噛まれても、パニックにならないこと。落ち着いて患部を洗い流し、すぐに医師の受診をうけましょう。

関連記事