カウボーイコーヒーの作り方

2015年10月14日

大自然のなかで飲むコーヒーは格別です。

なかでも、野生的で、アウトドア気分を盛り上げてくれるのが「カウボーイコーヒー」。

「カウボーイコーヒーと聞いてもあまりピンとこない」という人は、西部劇の映画を思い起こしてみてください。カウボーイたちが、焚火にかけた金属器で直接コーヒーを煮だして、その上澄み液を飲むシーンを見て憧れた人も多いのではないでしょうか。

ここでは、アウトドア気分を盛り上げてくれるカウボーイコーヒーの作り方を紹介します。下記の方法なら、やかんや鍋は必要なく、空き缶で手軽に作ることができます。

用意する物

  • コーヒーが作れる大きさの空き缶
  • 缶に穴を開けられるような先が尖ったドリルなどの道具
  • ワイヤ
  • ペンチ
  • コーヒーの粉

作り方

  1. 石を台にして空き缶の上側の両サイドに穴をあけて針金を通します。ペンチでワイヤを曲げて輪にして持ち手を作る。
  2. 空き缶にコーヒーの粉を入れ、上に5、6cm程度の隙間を残して水を入れます。
  3. 缶を棒で吊り下げて、キャンプファイヤーの火に当てて温めます。
  4. 沸騰してきたら、清潔な小枝を入れて、あふれ出るのを防ぎます。適当な小枝が無いなら、スプーンや塩、卵の殻でもなんでもよいので、表面張力を崩せるもので代用。
  5. 数分煮たら、軽くゆすったり回して冷まし、豆殻を缶の底に沈めてカップに注ぎます。