瓶ビールを栓抜き無しで開ける方法3通り

2016年4月12日

パーティーや友人宅での飲み会、お花見、キャンプなど、イベントには欠かせない瓶ビールですが、いざ飲もうとすると、栓抜きが見当たらなくて困ったことはありませんか?

そんな時に役立つ「栓抜きなしで、瓶ビールのフタを簡単に開ける方法」を3通り紹介します。

栓抜きの代わりになるのは、紙やライターなど全て身近なものです。驚いたことに、仮に道具がなくても瓶ビール同士を重ねて開ける裏ワザもあります。

紙で開ける方法

やり方

  1. 長方形の紙(紙幣でも可)を、端から端まで細く折って棒状にして、半分に折ります。
  2. 半分に折って厚みを増した折り目の部分を、瓶ビールのフタに下側からあてて、親指で支えながら押し上げます。

瓶ビール同士で開ける方法

やり方

  1. 瓶ビールを平らな台の上に置き、瓶の首の部分を利き手とは逆の手でしっかりと支えます。
  2. 利き手で、もう一本の瓶の首元を持ち、台に置いたビールのフタの下側に、斜め下からフタの部分をあてて、テコの原理で上に引き上げます。

ライターで開ける方法

やり方

  1. まず、ライターの上下をひっくり返して利き手で持ちます。
  2. 利き手と反対の手で、ビール瓶の上部(フタのすぐ下)をしっかりと持ち、ライターの底の角を蓋の下側に斜めにあて、左手の人差し指をテコの支点にして、右手の親指と人差し指で引き上げると開きます。

ワインオープナーが無い時にコルクを開ける方法はこちら >