収納・片付けの裏ワザ3通り

投稿日:2016年5月10日|最終更新日: 2016年6月27日

ストレスなく物を探したり、取り出すことができる片付け方のコツや場所を取らずにコンパクトにまとめる収納の裏ワザを3通り紹介します。

<目次>

ハンガーが滑らなくなる細工の仕方

クローゼットから服を取り出す時や目当ての服を探している時に手があたって周囲の服がハンガーから落ちてきた経験はありませんか。

特にシルク素材やキャミソールはハンガーから滑りやすく、かけてもかけてもずり落ちるので、イライラする原因になります。

ここでは、普通のハンガーの肩をかける部分に細工をし、滑り落ちにくいハンガーにする方法を紹介します。

<やり方>

ハンガーの傾斜している面に、波模様を描くようにグルーガン(接着剤)を塗って乾かすだけです。

接着剤は乾くとゴム状になり、それがハンガーのストッパー(滑り止め)になります。

かさむ引き出しをきれいに収納する方法

引き出しへの収納方法は、洋服の畳み方から考えると、幅が同じサイズに揃って整理がしやすくなり、引き出しを開けた時にどこに何があるかが分りやすくなります。

<収納方法>

まず、Tシャツは、首元の幅を目安に畳みます。

Tバック、水着のアンダーの畳み方は3方向から3つ折り。

タンクトップは上下に半分に折り、サイドからと上下に3つ折り。

そして、幅の同じものを一列にそろえて収納します。この時、仕切りを使うと整理がしやすくなります。小物は別に専用の箱にまとめて収納するとよいでしょう。

<豆知識>

衣替えで、長期間衣装ケースを開けない場合は、中にチョークを入れておくと余分な湿気を吸い取ってくれます。

からみやすいイルミネーションライトの上手な収納方法

イルミネーションライトは、長いコードに無数の電球がつらなっているため、収納中に一度からまってしまうと、ほどくのに時間がかかって後片付けが大変です。

また、電球は直列で繋がっているため、乱暴に扱って一つの電球がゆるんでしまうと、他の電球まで点灯しなくなる恐れがあります。

そこでここでは、からみやすいイルミネーションライトを、上手に収納する簡単な方法を紹介します。

このやり方なら、からみにくくコンパクトにまとまるので、収納スペースを取らず、次に使う時に、ストレスなく取り出すことができます。

<片付け方>

用意するのはハンガーです。

イルミネーションライトの端を、ハンガーのフックに引っかけ、少しずつずらしながら巻き付けていきます。

イルミネーションライトの最後の端を、巻き付けたコードの中に入れ込んで固定したら完成です。

関連記事