ズボンにパンツラインが見えるのを解消する方法

2016年6月 1日

白系やスキニータイプのズボン(アウター)を履いた時に、パンツラインや柄が透けて見えてしまうのを解消する方法を紹介します。意外と目に入ってしまうので気にしていない人は要注意です。

特に夏はズボンの生地が薄くなるため、外出前に鏡の前でチェックしてから出かけましょう。パンツのラインが透けて見えると、お尻が大きく見えてしまうこともあります。

ズボンに響かない(透けて見えない)パンツの選び方

強い色や派手な柄のパンツは、ズボンから透けて見える可能性が高いため、特に白系のズボンを履く場合は、可能な限り肌に近いベージュ系の色を選びます。
形/デザイン
下着のラインが響かないのは、Tバックです。しかし、Tバックを履く時に気をつけないといけないのは後ろ姿です。ズボンを履いてしゃがみ、腰上からパンツが見えないかを必ず確認しましょう。
お尻全体を覆うデザインのボクサーパンツは、パンツラインの解消に効果的ですが、薄手のズボンを履いた場合は、脚の付け根の部分が透けることがあります。
素材
薄手で軽く、ストレッチの効いたマイクロファイバー(超極細繊維)素材のパンツは、ズボンに響きにくいだけでなく、着ぶくれを防ぎ、スリムに着こなしたい時に役立ちます。
補正下着を活用
ウェストの位置が高く、太ももの中間まで隠れるデザインの補正下着があると、アウターに響きにくいだけでなく、体型補正もできます。