髪質を改善するヘアトリートメントを簡単に手作りする方法

投稿日:2016年6月29日|最終更新日: 2016年6月29日

自分の髪質や髪の状態にあったヘアトリートメント(パック)を、髪に艶を出す緑茶やごわつきを抑える果物、髪質を柔らかくする卵などを使って、自宅で簡単に手作りする方法を紹介します。

全て自然素材の美容成分を活用し、体に優しいうえ、強く艶やかな髪質を保つのに効果的です。

ヘアトリートメント液の作り方とやり方

ヘアトリートメントをつけて待つ間、シャワーキャップやビニール袋を頭にかぶせると美容成分が浸透しやすくなります。温水で洗い流した後に、冷水をさっとかけるとより一層効果的です。

トリートメント液でマッサージをする時は、栄養が毛包に染み込むように心がけ、首筋から生え際も忘れずに、頭全体に行います。

髪を洗い流す時は、熱い湯ではなく、ぬるま湯を使います。

シルクのような艶を出す

2カップの湯に、緑茶のティーバックを2袋入れ、蓋をして15分おく。これをシャンプーの後にかけた後、3分おいてから洗い流してください。

縮れを直し、やわらかい髪質に

  • バナナ1/2個、プレーンヨーグルト大さじ2杯、オリーブオイル大さじ1杯をよく混ぜて髪全体につけた後、10分おいてから洗い流してください。
  • 頭皮の不純物を取り除く効果があるりんごを1個すりおろし、1/3カップの蒸留水と小さじ2杯のベイキングソーダ(またはコーンスターチ)をなめらかになるまで混ぜて髪全体につけた後、15分おいてから洗い流してください。
  • 卵の黄身2個、水1カップ、オリーブオイル大さじ1杯を混ぜて髪全体につけた後、10分おいてから洗い流してください。

頭皮の血液循環を促進し、血流を増やす

ミントの葉を6、7枚2カップの熱湯に入れて、冷めたら葉を取り除いて頭にかけた後、数分おいてから洗い流してください。

薄毛を改善し、毛質を強くして保湿する

  • アボカド1個とマヨネーズ1/2カップを混ぜて髪全体につけた後、30分おいてから洗い流してください。
  • キャノーラオイル大さじ2杯、卵黄1個、はちみつ大さじ1杯をなめらかになるまで混ぜ、まず髪の生え際に塗って、頭皮をマッサージした後、残りを髪全体に塗った後、2から4時間おいてから洗い流してください。

髪にハリがなかったり、薄くなったと感じた時にこれを1週間に1、2回のペースで2ヶ月間続けると、1本1本が強くなり、全体的にボリュームが出ます。

髪のダメージを補修する

髪全体にビールをかけた後、3分おいて洗い流してください。

ビールのモルトとホップがダメージを補修し、枝毛を整えてくれます。また、含有される糖質が艶を出します。

ごわつきをおさえる

グレープフルーツやキウイ、オレンジなどの柑橘(シトラス)系の果物を2つ選び、果汁を絞ってベイキングソーダやコーンスターチで塗りやすいようにペースト状にとろみをつけて髪全体につけた後、5分おいて洗い流してください。。

柑橘(シトラス)系の果物に含まれる酸がキューティクルを包み込みます。

髪を美しく保つ毎日のヘアケア方法

定期的に美容院に通い、枝毛やダメージヘアを取り除くと、健康的な髪をキープできます。

シャンプーやコンディショナーは、低刺激でやさしい素材を選び、保湿を心がけます。木炭を取り入れたシャワーのヘッドや豚の天然毛のブラシがおすすめです。

頭を前に倒して、生え際からブラッシングすると、皮脂が毛先までいきわたりやすく、かつ、頭皮を刺激するので新陳代謝をアップさせます。

髪に熱を与えるアイロンやドライヤーの使用は、最小限に控えます。

美しい髪をつくる食事

外側からケアするだけでなく、ビタミンB群とビオチンを意識した食事を心がけることで、体の内側から美しい髪を作ることができます。

ビタミンA、B、Cや亜鉛の豊富な亜麻仁、オメガ3脂肪酸のサケ、とうもろこしやピーナッツ、カリフラワーなど抗酸化作用の高い食品は特におすすめです。

極端に脂肪を避けた食事やクラッシュ・ダイエットのような短期間で体重を落とす無理な食事制限をすると髪に必要な栄養まで不足してしまうのでよくありません。

一昼夜にして髪質が劇的に変わることを考えるのではなく、毎日体の内と外からケアを行うことで、少しずつ理想的な美しい髪に変化させていくことができます。

関連記事