テントの手入れのやり方

2016年6月13日

キャンプで使った後や長い間使っていないテントをきれいに手入れをする方法を紹介します。

カビが生えてしまうと、洗剤ではなかなか落とすことができず、手入れが大変になるため、下記の方法で使用後や定期的にメンテナンスしておきましょう。

手入れのやり方

  1. テントを組み立てたまま、中をほうきとチリトリを使って履いて掃除します。
  2. 外側から、側面を握り、軽くゆすって表面の埃やゴミをふるい落とします。
  3. テントを斜めに傾けて持ち、ほうきで底の土や汚れを落とします。
  4. バケツに水と中性洗剤を入れて、やわらかい雑巾や布で、中や外側を拭きます。
  5. 直射日光を避けて、完全に乾かします。特にコットン素材はカビの進行が早いのでよく乾燥をさせてから片付けます。
  6. テントの底も乾いたことを確認した後、分解して袋に入れます。

もし、カビが生えてしまった場合は、酵素ベースの洗剤をスポンジに含ませて拭き取ります。ナイロン素材は、洗剤によって傷む可能性があるため、成分表示を必ず確認してから使用しましょう。