自然素材のガラス・鏡用クリーナーの作り方

2016年8月18日

台所にある身近なもので手作りした自然素材のガラス用クリーナーを使って、窓や鏡を、ピカピカにする方法を紹介します。

材料に使うコーンスターチは、植物のでんぷんを細かい粒子にしたもので、余分な油脂を吸収し、鏡や窓の表面にツヤを与える効果があります。

また、酢は、汚れや臭いを取って雑菌の繁殖を防ぐだけでなく、成分の酢酸(酸性)には、水垢や石鹸カスなどのアルカリ性の汚れを中和する効果があるので、浴室の窓や鏡もきれいになります。

材料

  • ホワイトビネガー 1カップ
  • 水 1カップ
  • コーンスターチ 大さじ1杯

作り方

まず、スプレーボトルにコーンスターチを入れて、水とホワイトビネガーを注ぎ入れた後、フタをして振り混ぜたら完成です。

これを手アカや汚れの気になるところを中心に、鏡やガラスに吹きつけて、乾いたタオルで拭きとります。

コーンスターチが固まらないように、その都度スプレーボトルを軽く振ってから使用してください。

窓の拭き掃除は、外側の面からやると家の中側のガラスについた汚れがわかりやすく、効率的にきれいになります。