部屋のカビ臭さをたまねぎで消臭する方法

2016年8月27日

カビは、空気が循環しないで湿気がとどまりやすい部屋に発生します。

一昔前は、地下室や倉庫など空気の入れ替えがしにくい場所に発生していましたが、今日では、断熱材の気密性能が高まり、部屋の中でも季節を問わずカビ臭さが気になることもあるようです。

ここでは、たまねぎにある植物由来の消臭効果を利用して、部屋の不快なカビ臭さを一晩で取り除く方法を紹介します。

やり方

たまねぎを半分に切り、切断面を上にしてお皿の上に置きます。

それを、カビの臭いの気になる部屋に一晩置くだけで、翌朝には臭いが取れています。