セーターの毛羽立ちや毛玉をきれいに取り除く方法

2016年8月31日

ニットの繊維は、着用した時の体の動きや肩にかけた鞄などによって摩擦が生じるため、毛羽立ちはどうしても避けられません。

特にお気に入りのセーターは、着用頻度が必然的に多くなり、毛羽立った繊維同士が絡まって、毛玉ができやすくなります。

しかし、できた毛玉を手で引っ張って取り除こうとすると、毛羽立ちが余計に目立つようになったり、生地が傷んだりしてしまいます。

ここでは、電動ひげそりやカミソリを使って、ニットの毛羽立ちや毛玉をきれいに取り除く方法を紹介します。

この他にも、軽石で軽くなでて毛玉をからめとる、コームでとかす、ガムテープで取るなどの有効な方法がありますが、仕上がりが一番きれいにできるのは、電動ひげそりやカミソリを使う方法です。

やり方

  1. 平らな台の上に、ニットを広げます。
  2. 毛玉や毛羽立ちの気になる箇所に、電動ひげそりやカミソリの刃をあてて、生地を傷めないように、表面をやさしく剃っていきます。決して強くこすりすぎないでください。