スーパーモデルのウォーキングレッスン

2016年8月17日

スーパーモデルがランウェイで行うウォーキング(キャットウォーク)は、一般的な歩き方とは使う筋肉や姿勢が全く異なる特殊なものです。

美しい姿勢で歩くには、絶えずおなかのインナーマッスルを引き締めてバランスを取る必要があり、特にはじめのうちは、後ろに反るほど少し大げさにするくらいがまっすぐな姿勢としては丁度よいといわれています。

ここでは、スーパーモデルのような歩き方をするために必要な、まっすぐで完璧な姿勢、足で地面を蹴るリズムやタイミング、立ち居振る舞い方を中心にウォーキング指導のプロによるアドバイスを分かりやすく紹介します。

ウォーキングのポイント

全ての体重をかかとにかけるのではなく、少し前方に保つ感覚で、滑るようにバランスを取りながら大股で移動します。

モデルのウォーキングは、「体重移動(重心がどこにあるか)や肩の位置に注意し、リラックスした状態で、首や肩から足におけるまで体のラインを全てまっすぐに」、これらを全て同時進行させなければならないので、下記に、自然なウォーキングができるようになるための練習のポイントを紹介します。

姿勢

多くの人が気づかないうちに猫背になっているため、肩を後ろに落として歩くことに違和感を感じるかもしれませんが、肩を少し開くように背中から肩をまっすぐにした姿勢で歩くように意識します。

目は前方の一点を見つめ、頭上から糸で引っ張られるような感じで、頭が左右にぶれないようにまっすぐに固定します。

顔は、まるで何も考えていないかのように完全にリラックスさせます。

お尻の位置

最初は、肘を伸ばしたまま両手を後ろで組んで、お尻を軽く前に突き出すように意識して歩く練習から始めましょう。

お尻は、左右に揺れないように、なめらかにまっすぐ保ちます。

バランス

バランスは、おへその少し下あたりの重心をおいてとります。おなかを絶えず引き締めたまま、体が上下にバウンドしないように、膝の位置を固定します。

重心は少し前気味です。

足の動き

前に出した膝が曲がらないように、脚はきれいに伸ばして歩きます。

一直線上に歩こうとすると、どうしてもがに股になりやすいため、つま先に意識を集中してまっすぐ前に足を運びます。

腕のふり方と手の動き

腕は、振りすぎると、ウォーキングの妨げになるので、体側に近い位置を保ち、手の動きを最小限にします。

全く動かさないのでは逆に不自然なので、推進力で自然に動かすイメージで動かします。肩を後方に引いたまま腕を下げると、自然に振ることができます。

かばんを持ったり、ブレスレットをつけるといったデザイナーの要望があった場合も、基本的な腕の振りは最小限にします。

ウォーキングの練習はモデルにとって不可欠

ポイントは、肩を後方に下げ、お尻は前方に出し、脚をまっすぐにすることです。簡単に聞こえるかもしれませんが、これらを全て同時進行で行うのはなかなか難しいので練習が必要になります。

自信をもって、より自然にスーパーモデルのようなウォーキングができるようになるには、練習あるのみです。

ぜひ等身大がうつる鏡の前で何度も行ったり来たりを繰り返してください。

スーパーモデルになりたての頃は、来る日も来る日もウォーキングの練習が行われます。

ときには、ファッションショーで自分のサイズに合わない靴が用意されることもあるので、スーパーモデルたちは、靴のサイズやヒールの高さを変えて、どのような状況でも美しいウォーキングが快適にできるように備えておく必要があります。

参照元:
How to Walk on a Runway | Modeling