歯を磨く以外での歯磨き粉の使い道7通り

2016年8月18日

歯磨き粉の成分には、歯にこびりついた汚れを落とすための研磨剤や口臭を取り除く消臭剤が含まれています。

この成分に着目し、歯を磨く以外で、掃除や美容目的で活用する方法を紹介します。

歯磨き粉の使い道

シューズや靴洗い
布製のシューズや靴の黒ずみ、泥汚れが気になるところを歯磨き粉で部分洗いします。やり方は、布の部分をしっかりと濡らし、歯ブラシを使って泡立てながらこすり洗いします。
爪の手入れ
歯と爪は同じ成分であるため、歯磨き粉を使うと、爪を健康で強く、きれいに輝かせることができます。手入れのやり方は、歯を磨くように、爪を一本ずつ磨いて洗い流すだけです。これは、マニキュアを塗る前の素地作りとしても最適です。
アクセサリーの手入れ
指輪やネックレスなどのアクセサリーは柔らかい毛の歯ブラシと歯磨き粉で磨きます。金属専用の研磨液が無くても、気が付いた時にこの方法でこまめに手入れをしておくと、使いたい時にいつでもよいコンディションで使うことができます。
蚊に刺された時の応急処置
蚊に刺された患部に塗り込むように覆うと、かゆみを抑える効果があります。
にきび治療
にきびに部分的に塗って一晩寝ると、にきびを乾燥させ、治癒を早める手助けになります。
壁のクレヨン汚れ
壁の落書きを歯磨き粉でこすり取るときれいに落ちます。
手についたにんにくや玉ねぎの臭いを取り除く
臭いの強い野菜を調理した後、嫌な臭いの気になる部分に、歯磨き粉をつけてこすり洗いすると消臭効果があります。

注意点

デリケートな素材で作られている靴やアクセサリーには、歯磨き粉が使用できないことがあります。