フライパンや鍋のがんこな焦げつきを簡単に落とす方法

2016年8月31日

フライパンや鍋を使っての調理中に焦がしてしまうと、こびりついてなかなか落ちにくくなり、洗う時に労力がかかるわりにしぶとい汚れは残ります。

ここでは、フライパンや鍋底にこびりついた食材や焦げつきを、コーラを使って簡単に落とす方法を紹介します。

この他にも、重層(ベイキングソーダ)と水を入れて沸騰させたり、玉ねぎの皮を煮詰めたり、酢を入れて弱火にかけたりと色々な方法がありますが、これは最も簡単なうえ、短時間できれいに落ちます。

やり方

  1. 焦げ付いたフライパンにコーラを1カップ入れて、強火にかけて数分待ちます。
  2. スパチュラや木ベラで汚れをこすり取ります。
  3. いつも通り、スポンジで洗い流します。

注意

ノンスティックタイプのフライパンやテフロン加工がされた鍋は、加工が剥げる恐れがあるので、強くこすらないようにしましょう。