クッキーの抜き型を使ってカボチャランタンを簡単に安全に作る方法

2016年9月 5日

ハロウィンでは、カボチャをくり抜いたランタンが欠かせませんが、カボチャは硬くて加工が大変で、怪我をすることもよくあります。

実際に、くり抜く時には、ギザギザの刃のナイフが使われることが多いのですが、危ないし、どうしても力がいります。また、電動ドリルで穴を開けると、周囲が汚れて後片付けが大変です。

ここでは、クッキーの抜き型を使って、ハロウィンのカボチャランタンを簡単に安全に作る方法を紹介します。

これなら削ったり、彫ったりする必要がないので、子供でも安全にできるうえ、色々な形にくり抜いたカボチャの切れ端は、そのまま料理に使うこともできます。

動画では、忍者とイルカのクッキー型を使って、両者が向き合うようにくり抜いて、闘う様子を表現していますが、アイデア次第でユニークなカボチャランタン作りを楽しむことができます。

やり方

  1. カボチャに、クッキーの抜き型をあてる位置を決めて、そのまま手で押し込んで固定します。
  2. その上から、クッキーの抜き型がカボチャに埋まるまで、木のトンカチでゆっくりと叩きます。
  3. 抜き型の内側にあるカボチャの実を中に向けて押して、空洞にします。
  4. 抜き型を外します。