シェービンググリームで鏡をきれいにする方法

2016年9月28日

鏡の汚れは拭いても落ちにくいうえ、拭いた後の拭き筋やくもりによって見えにくくなることがよくあります。

特にお風呂場や脱衣場など、水周りにある鏡は、飛び散った石鹸カスや水垢によって、頑固な汚れがこびりつくことが多いので掃除が大変です。

ここでは、くもりやすく汚れがつきやすい鏡を、シェービングクリームを使って簡単に掃除する方法を紹介します。

上記以外でも、新聞紙やみかんの皮、酢や重層で磨くなど、色々ありますが、これは、ひげそりやムダ毛の処理の合間にできる最も簡単な方法です。

しかもこの方法なら、拭き筋が残らないだけでなく、曇り止め効果が3週間は続きます。

やり方

  1. ゴム手袋をはめた手にシェービングクリームを出し、鏡につけて全体に広げます。
  2. そのまま15分間待ちます。この間に、髭そりやムダ毛の処理、朝の身支度などを済ませることができます。
  3. 後は、キッチンペーパーや乾いたマイクロファイバータオルで拭き取るだけで、ピカピカになります。

鏡をピカピカに磨くことによって、部屋が明るく見える効果があります。