食事中に席をはずす時のマナー

2016年9月30日

ビジネスの会合でもプライベートの食事においても、相手との会話中に席をはずすのは、できる限り避けたいことですが、必要に迫られる場面もよくあります。

ここでは、食事中にトイレや携帯電話で席をはずす時のマナーについて、相手への伝え方やはずす時のナプキンの置き方やイスはどうするかを中心にソーシャルスキルの専門家によるアドバイスを紹介します。

席のはずし方

食事中にどうしても席をはずさなければならない用事がある場合、ナプキンをイスの上に置き、イスをテーブルにおさめます。

どのような理由があるにせよ、食事中に席をはずすことはよくないため、(テーブルの全ての人に伝える必要はありませんが)両サイドの人には用件を伝えて、失礼をお詫びしてから席を立ちます。

何も告げないで、イスを出しっぱなしにしたまま立ち去ると、周囲の人に何か急用があったのだろうかと勘違いされたり、心配させてしまうことがあるので注意してください。

もし、食事中に電話がかかってくる用件があったとしても、携帯電話をテーブルの上に出しておくのはマナー違反になります。鞄の中やポケットに入れておきましょう。