靴のイヤな臭いを簡単に消臭する方法

2016年9月 9日

靴は、履いているうちに、どうしてもイヤな臭いが出てきます。

イヤな臭いの原因は、足から出る汗や皮脂によって繁殖した雑菌です。

足はたくさんの汗をかくうえ、靴の中は蒸れやすいため、特に気温や湿度が高い夏は、雑菌が繁殖しやすくなります。

イヤな臭いを消すには、洗って雑菌を消滅させるのが一番ですが、頻繁に洗うと生地を傷めてしまうため、ここでは、洗う以外のやり方で靴のイヤな臭いを簡単に取り除く方法を紹介します。

やり方

  1. 紅茶のティーバッグを抽出する
  2. 冷やして、乾燥させる
  3. 靴の奥に入れて一晩おく

夜のうちに靴の中に入れておくだけで、紅茶の茶葉が蒸れのもとになる余分な湿度を吸収して、消臭してくれるため、翌朝にはイヤな臭いはなくなっています。

その他の消臭方法

  • スプーン1杯分の重層(ベイキングソーダ)を靴の中にふりかける
  • オレンジの皮を入れる
  • 炭を入れる
  • 10円玉を入れる(銅イオンの消臭効果)
  • 洗濯機の乾燥時に入れるランドリーシートを入れると、消臭した後にさわやかな香り付けもできます。